アクセサリーを選ぶコツも合わせて紹介!ウェディングドレスに合わせるアクセサリー|ウェディングドレス・ブライダルアクセサリーならPIARY(ピアリー)

アクセサリーを選ぶコツも合わせて紹介!ウェディングドレスに合わせるアクセサリー

最終更新日:

メイン画像

結婚式の準備において、ウェディングドレスに合わせるアクセサリー選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ネックレスやティアラなど、ウェディングドレスだけではなく、どんなアクセサリーを合わせるかによって結婚式や花嫁のイメージは大きく左右されます。そこでこの記事では、ウェディングドレスに合わせるアクセサリーの選び方や、アクセサリーの種類についてご紹介します。「アクセサリーは購入とレンタルどっちがいいの?」という疑問にもお答えしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

ウェディングドレスに合わせるアクセサリーの選び方とは?

まずこちらでは、結婚式で着用するネックレスやイヤリングなどのアクセサリーはどう選ぶのか?をご紹介します。

実際に花嫁さまがアクセサリーを選ぶポイント

ウェディングアクセサリーは、デザインで選ばれる方が多くどんなデザインにするか迷うのも楽しい時間ですね。次に価格で選ばれる方が多く、お財布と相談して費用を使いすぎないことも忘れずにお気に入りのアクセサリーを見つけましょう。

アンケート結果

出典:株式会社ピアリー「インスタグラムストーリーズアンケート調査(2022年5月実施)」

ドレスのデザインに合わせて選ぶ

結婚式で着用するアクセサリーを選ぶときは、やはりウェディングドレスとの相性を考えることが重要です。ウェディングドレスがエレガント系なのにネックレスは可愛い系だったり、ウェディングドレスがナチュラル系なのに、やたらとティアラが豪華だったり。結婚式で着るウェディングドレスとアクセサリーのイメージがちぐはぐになってしまうと、結婚式全体のバランスも悪く見えてしまいます。まずは結婚式で着るウェディングドレスのイメージに合わせて、ネックレスなどのアクセサリーをセレクトするようにしましょう。

結婚式会場の雰囲気で選ぶ

ウェディングドレスに合うアクセサリーは、結婚式会場のイメージと合うものを選ぶのもおすすめ。結婚式会場はエレガントだったりカジュアルだったり、さまざまな雰囲気のところがありますよね。結婚式全体のイメージを統一するためにも、結婚式会場とのバランスを考えてみましょう。 プロならではのヘアアレンジ術で、周りからも羨ましがられる仕上がりになるでしょう。また、お気に入りのヘアアクセサリーを持っていけば、ヘアアレンジに取り入れてくれます。

また結婚会場に合わせて、アクセサリーをいくつか使い分けるのもおすすめです。例えば神聖な雰囲気の教会ではパールを使った上品なネックレス、披露宴会場ではビジューやフラワーをあしらった華やかなネックレスなど、その場のイメージに合わせて使い分けるのも1つの方法です。

自分の好みのイメージで選ぶ

結婚式で着用するウェディングドレスや、結婚式全体の雰囲気、結婚式会場のイメージに合わせてアクセサリーを選ぶことはとても大切です。でもまったく自分の好みではないアクセサリーを身につけていても、正直あまり嬉しくはありませんよね。もちろんウェディングドレスや結婚式会場の雰囲気も考えながらではありますが、自分の好みのイメージで選ぶことも重要です。具体的ではなくても、エレガント系、カジュアル系、ナチュラル系、ゴージャス系など、大まかなイメージを考えておくと、アクセサリーも選びやすいですね。

自分の顔の形に合わせて選ぶ

結婚式会場やウェディングドレス、自分の好みに合うイメージが決まったら、次は自分の顔の形を意識してアクセサリーを選んでみましょう。結婚式で着用するアクセサリーは、ピアスやイヤリング、ネックレス、ヘッドアクセサリーなど、主に顔まわりに付けることが多いもの。そのため顔の形に合うアクセサリーを選んだほうが、全体的なバランスが整って見えます。

面長の場合

顔が面長の場合は、縦のボリュームを減らすということが重要です。そのためティアラやベールなどのヘッドアクセサリーを付ける場合は、あまり高さが出ないように注意。コンパクトな花冠やベールなどを選ぶと、小顔効果もあります。またイヤリングやピアス、ネックレスはチェーンが短めのもの、コンパクトなデザインのものがおすすめです。

丸顔の場合

丸顔の場合、面長とは逆に、ティアラやベールを使って縦のラインを意識することが大切です。ティアラなどの高さが出るヘッドアクセサリーにベールを合わせたり、チェーンが長いネックレスやピアス、イヤリングを選ぶようにしましょう。そうすることで顔まわりをスッキリとした印象に見せ、大人っぽい印象を演出することができます。

ベース顔の場合

エラが張っているベース顔の場合は、どのアクセサリーも丸みがあるデザインのものを選ぶようにしましょう。特にパールをあしらったネックレスやベールの着用は、丸みが出るのでおすすめです。角ばったデザインのアクセサリーは、よりエラを強調させてしまう場合があるので注意。

ネックレスの種類

結婚式で着用するアクセサリーのなかでも、特に存在感を発揮するのがネックレス。そこで、結婚式で着用するネックレスにはどんな種類があるのかをご紹介します。

ウェディングネックレス

結婚式で着用するネックレスの種類において、もっとも一般的な形のネックレスです。ウェディングドレスを着たときのデコルテ部分をキレイに見せてくれるので、特に胸元が開いたウェディングドレスを着るときには、ウェディングネックレスがおすすめです。

チョーカー

チョーカーは、首周りに巻き付いたようなデザインのネックレスのこと。基本的にコンパクトなデザインが多いので、顔まわりをスッキリと見せてくれる効果があります。さまざまなイメージのデザインがあるので、ナチュラルな結婚式やエレガントな結婚式、カジュアルな結婚式など、どんな雰囲気の結婚式とでも合わせやすいネックレスです。

ロングネックレス

ロングネックレスはチェーンが長めに作られており、なかには胸の下あたりまであるデザインも存在します。少しカジュアルライクなイメージではありますが、最近はカジュアル、ナチュラルな雰囲気の結婚式が増えてきていますので、結婚式でも着用することができます。ロングネックレスは、特にハイネックやボートネックなど、首元が詰まったウェディングドレスとの相性が抜群です。

ヘッドアクセサリーの種類

ヘッドアクセサリーは、ネックレスと同じぐらい結婚式での存在感を発揮するアイテムです。ヘッドアクセサリーに合わせて髪型をアレンジすることで、結婚式の雰囲気や自分の好みのイメージにグッと近づけることができます。

ティアラ

結婚式での花嫁といえば、ティアラを付けているというイメージを持っている人も多いはず。ティアラはパールやビジューによって彩られた冠のことで、付けるだけでお姫様気分を味わうことができます。大きめのティアラなら存在感抜群に、小さめのティアラなら少し大人っぽく、かつ可愛さも演出することができます。特にベールとの組み合わせは王道スタイルといわれていて、チャペルはもちろん、ホテルでの結婚式などにも映えます。エレガントスタイルならロングベールと、ナチュラルスタイルならショートベールとの組み合わせがおすすめです。

フラワー

ティアラよりも少しナチュラルに、というイメージであれば、フラワーのヘッドアクセサリーがおすすめです。大きめのフラワーをサイドに付けたり、ヘア全体に小花を散らしたりと、アレンジも自由自在。ティアラのようなイメージで花冠にしても可愛いですね。どこに付けるかで印象も大きく変わってきますので、ウェディングドレスや結婚式のイメージにも合わせやすいのではないでしょうか。また、フラワーとベールの組み合わせもおすすめ。ベールからフラワーをのぞかせることで透明感も演出でき、ガーデンウェディングやナチュラルなイメージの結婚式にもぴったりです。

カチューシャ

カチューシャといえばカジュアルなイメージを持つ人が多いかもしれませんね。でも結婚式のためにデザインされたカチューシャは、パールが付いたものやビジューをあしらったものなど、とても華やかなデザインがたくさんあります。ナチュラルなイメージにしたい場合は、ドライフラワーや葉が付けられやデザインのものがおすすめ。カチューシャは前からだけではなく、サイドから見ても可愛いのが特徴です。

結婚式で着用するアクセサリーは購入とレンタルどちらがおすすめ?

結婚式でウェディングドレスに合わせるネックレスやピアスなどのアクセサリー、購入すべきかレンタルすべきか、迷う人は多いのではないでしょうか?そこでここからは、購入とレンタル、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。

購入のメリット・デメリット

結婚式で着用するアクセサリーを購入することの1番のメリットは、選択肢が多いということ。レンタルであれば、どうしても選ぶことのできる種類は減ってしまいます。でも購入であれば自分の好きなショップから選ぶことができるので、好みのデザインを見つけやすいといえます。さらに、結婚式場以外で前撮りをする場合なども、購入したものであれば、ネックレスなどのアクセサリー類を身につけて撮影することができます。レンタルだと式場以外では撮影できないことも多いため、購入するほうが使用面での自由度は高くなります。

ネックレスなどのアクセサリー類を購入することのデメリットとしては、レンタルするよりも値段が高くなってしまうということや、結婚式が終わってしまうと使い道が少ないということ。ただし、ウェディングドレスに比べるとネックレスやピアスなどのアクセサリー類は保管しておきやすいという点から、結婚式の記念として自宅に飾っているという人も多いです。結婚式で着用するアクセサリーを購入する場合は、結婚式以外でも使いやすいものを選んだり、リメイクしてデイリーユースにするといいですね。

アクセサリーはひとつあたりいくらで購入しましたか?または購入する予定ですか?

アクセサリーは、せっかく結婚式の費用を節約できたと思ったのに、忘れていた…と、あとになって気づくことも多い存在。
会場代やドレス代などの大きな費用はチェックしていても、小物は比較的1つ1つの金額が小さいため、意外と見落としてしまうことがあります。またアイテム数も多いため、トータルすると費用が膨らんでしまうことも多いものです!

アクセサリーを購入した。または購入する予定の花嫁様にアクセサリーの購入金額をアンケート!迷っている花嫁さまたちは是非購入の参考にしてみてください♪

アンケート結果

出典:株式会社ピアリー「ウェディングアクセサリーの購入金額調査(2022年6月実施)」

レンタルのメリット・デメリット

ネックレスやイヤリングなどのアクセサリー類をレンタルすることのメリットは、やはり購入するよりも値段が安いというところ。さらに結婚式場では、ウェディングドレスとアクセサリーをセットで選んでレンタルすることが多いので、イメージを合わせやすいというメリットもあります。

ネックレスなどのアクセサリー類をレンタルすることのデメリットとしては、当然結婚式が終わったら手元に残らないということ、そして結婚式場以外で前撮りをする場合などは、アクセサリーを着用することができない可能性があるという点です。一度レンタルで検討してみて、気に入るアクセサリーがなければ購入に切り替える、というのもおすすめです。

PIARYのアクセサリーはレンタルと大差ないリーズナブルなものも豊富に取り揃えています。あなたにピッタリのアクセサリーがきっと見つかるはず!

  • ジルコニア ラインピアス ゴールドを
    もっと見る
  • ウェディングイヤリング
    小枝 ビジュー ゴールドを
    もっと見る
  • ジルコニアネックレス&ピアスを
    もっと見る
  • ティアラを
    もっと見る

まとめ

ウェディングドレスに合わせるネックレスやイヤリングなどのアクセサリー類は、結婚式のイメージを左右する重要な役割を持っています。結婚式は人生のなかでの特別なイベント。後悔することのないよう、この記事で紹介した選び方を参考に、ぜひぴったりのアクセサリーを見つけてくださいね。