防災グッズの中でも「水」は必需品|PIARY(ピアリー)

防災グッズの中でも「水」は必需品

最終更新日:

目次

・防災グッズで1番大事なのは...
・水は「保存水」を選んで
・普通の水との違いは容器
・価格の変化は少ない
・防災セットを定期的に確認しない方にも
・まとめ


防災グッズで1番大事なのは…

水

防災グッズを用意している方も多いと思いますが、厳選したアイテムをしっかりと見極めていますか?防災グッズと一括りに言ってもアイテム数はかなり種類があります。

その中で1番必需品になのは「水」です。人間がまず生きていくためには水分が欠かせません。水さえあれば人間は1か月ほど生きられると言われているくらい重要な物になっています。いくらさまざまな準備をしても水を全く用意していなかったら意味が無くなってしまいます。
また、災害時に必要な水の量は、成人や子供、高齢者など年齢によって摂取する量も変わる事をご存知でしょうか?

成人の場合の摂取量
体重1㎏あたりに対して50mlの水分量が必要といわれています。例をあげると、体重50㎏の方でしたら、およそ2.5ℓの水分量が必要だということになります。

子供の場合の摂取量
○乳幼児の場合は、体重1㎏あたり150mlが目安とされています。例をあげると、体重が8㎏の赤ちゃんであれば、およそ1.2ℓの水分量が必要だということになります。
※赤ちゃんの場合は、災害時の授乳は大きな問題になります。水を沸騰させて湯冷ましすることが難しい状況になりますので、粉ミルクをあげられなくなる可能性があるからです。ですので、非常用に液体ミルクを備えておきましょう。
液体ミルクはパックや缶などに入っているものが多く常温で保存が効きます。

○幼児の場合は、体重1㎏あたりおよそ100mlが目安とされています。例をあげると、体重が20㎏の5歳児であれば、およそ2ℓの水分量が必要だということになります。

○小学生の場合は、体重1㎏あたり80mlが目安とされています。例をあげると、体重が30㎏の小学生であれば、およそ2.4ℓの水分量が必要だということになります。

高齢者の場合の摂取量
高齢者の場合は、体重1㎏あたり40mlが目安とされています。成人の方よりもわずかですが少なくなります。加齢にともなって体内に蓄えられる水分量が低下するからといわれています。
※高齢者の場合は持病の薬を飲む水も考えておかなければなりません。よって災害時には成人の方と同じくらいの水分量を確保しておくことをおすすめします。
さらに高齢者は脱水症状などに陥る可能性もありますので、こまめに水分補給することも心がけておきましょう。

このように、体重によって必要な水分の摂取量は異なりますので各家庭に見合った水分量の確保をしておくことをおすすめいたします。
特に子供の場合は成長によって体重が大きく変化します。緊急時に必要な水分量を細かく計算し、備えておくことはとても大切なことです。
難しいと思うかもしれませんので、大体の目安として「子供なら1日2ℓ、赤ちゃんなら1日1ℓということを覚えておくだけでも変わってきますので参考にしてみてください。

※被災時には体を動かすことも少なくなってきます。避難所だけでなく、車で寝泊まりする人いますのでエコノミー症候群を発症する人も多くなります。
エコノミー症候群の発症を防ぐ対策としてもこまめな水分補給が重要になります。
水分不足は心筋梗塞や感染症などの原因にもなりやすいので、普段以上に水分を摂取して、健康面に気を配る必要があります。

水は「保存水」を選んで

水が重要な事は皆さん知っているかと思いますが、普通のミネラルウォーターを準備している方が多いのではないでしょうか?

市販のスーパーなどで販売されている水は基本的に賞味期限が半年~1年とされています。いくら蓋を開けていないからと言っても空気や匂いなどを透過する可能性があります。
しかし、保存水であれば3~15年まで飲むことが出来るのです。

普通の水との違いは容器

水

賞味期限が長い分、化学薬品や体に悪い物が入っているのでは?と心配になりますよね?しかし、通常のミネラルウォーターと保存水の違いは「容器」のみです。

中身は普通のミネラルウォーターはと変わりません。普通のミネラルウォーターはペットボトルに入っています。ペットボトルには小さい穴が開いており、そこから水が蒸発をして容量が減ったり、空気に触れることで味にも変化が出てきます。

保存水もペットボトルに入っていますが、ペットボトル自体が厚くなっており、穴が少ない作りになっています。その為、普通のミネラルウォーターよりも長く保存が可能になります。

価格の変化は少ない

保存水は普通のミネラルウォーターと比べ料金が高く設定されている事が多いです。しかし、賞味期限を比べてコストを測ると実はそこまでの変化はありません。1年ほどの賞味期限と3~15年ほどの賞味期限で比べるとなかなか重宝します。
価格にもそこまでの変化はなく、保存も利くという点ではコストパフォーマンスも素晴らしく感じられます。

防災セットを定期的に確認しない方にも

節水

防災セットが自宅にあっても、不備が無いか賞味期限はどうかなどの確認を定期的にする方はあまり多くはありません。こまめに点検をするかたでも半年~1年に1回だと思います。

しかし、いざ防災セットを使用した時に賞味期限が切れていたら用意しておいた意味もなくなってしまいます。また、普通のミネラルウォーターを常備していたとしても、そろそろ賞味期限が切れるから買い直しをしなくてはいけません。そのようなことにならない為にも保存水がぴったりなのです。賞味期限が長いからこそいざという時に役立ちます。

災害時は節水を心がけましょう
水を備蓄することはとても大切なことですが、災害時はいつ水道が復旧するか分かりません。実際に起こった東日本大震災の時は、水道が復旧するまでおよそ3週間かかったといわれています。
災害時にはあらかじめ備蓄しておいた水で生活することも求まれます。備蓄したたくさんの水も、しっかりと考えて使わないとすぐなくなってしまいます。災害時はいつも使う水分量ではなく、節水が大切です。
災害時は給水所が設置されることがありますが、いつ設置されるかは分かりませんので、給水所設置されるまでの期間は備蓄した水で凌ぐことが予想されます。
またニュースなどでみたことがあるかもしれませんが、給水所などに並んで確保するだけでも苦労すると思います。
ご自身や大切な家族を守るためにも、しっかりと備蓄し、使用時には節水を心がけましょう。

まとめ

お水は1人1日3リットルを目安に用意しておくと安心です。家族と住んでいる方は家族分を計算して用意しておきましょう。また、保存水は飲むための水になるので、トイレや洗濯などの生活用水には水道水をタンクなどに溜めて置いておけば安心です。命を守る為にも貴重なお水を厳選して選んでください。

防災グッズを探す