これで完ペキ♪席次表のマナー【あいさつ文やプロフィールの書き方編】|PIARY(ピアリー)

これで完ペキ♪席次表のマナー【あいさつ文やプロフィールの書き方編】

席次表は披露宴会場でゲストさまの席を案内したり、新郎新婦さまとの間柄を紹介したりするものですが、裏面に新郎新婦さまのプロフィールやあいさつ文を入れることもできます。
披露宴前の受付でゲストさまに配布されるものなので、披露宴開始前に目を通してもらえたら、新郎側のゲストさまは新婦さまのことを、新婦側のゲストさまは新郎さまのことをどんな人なのか知ってもらいやすくなります。

レイアウト例

テンプレート
テンプレート

A:頭語・結語

おふたりの結婚式や披露宴へ出席していただいたゲストさまへの感謝の気持ちを伝えるために書く文章です。 以下の内容をおさえて、出席していただくゲストさまへ失礼のない文章にしましょう。

≪例≫

本日はご多用のところお越しくださり
誠にありがとうございます
この日を迎えることができますのも
ひとえに皆様のお力添えのおかげと
厚く御礼申し上げます

未熟なふたりですが 手を取り合い
共に歩んでいきたいと思います
今後とも末永いご指導と
お付き合いのほど
何卒よろしくお願いいたします

ここにお集まりいただいた皆様は
私たちふたりにとって
かけがえのない方たちばかり
そんな皆様に見守られて
”人生でいちばん素敵な約束”を
交わせることに心から感激しています

この日の思いを忘れることなく
新しい人生を歩いていきます
まだまだ未熟なふたりですが
力を合わせて明るく楽しい家庭を
築いていきたいと思います

今後ともよろしくお願いいたします

  • ・最初…おふたりの結婚式や披露宴へ出席してくれたことに対するお礼を伝える。
  • ・半ば…新生活や今後の決意や抱負、どのような家庭を築いていきたいかなど、具体的な内容を盛り込む。
  • ・締め…感謝の気持ちや今後のお付き合いについて述べる。
One Point!

席次表を開けた時に、ゲストさまが一番最初に見る面にあいさつ文を持ってくるなど、
一番初めに見てほしい項目を持ってくるのがおすすめです。

■句読点を使わない

結婚式の招待状で最も気をつけることは、「終止符を打たない」という意味から句読点を使わないようにすることです。文章に区切りが必要な場合は「、」や「。」の代わりに空白を入れるようにしましょう。
また、改行の位置や段落の行頭も空けないように気を付けましょう。

■忌み言葉(いみことば)は避ける
「忌み言葉」とは、昔からおめでたい席で一般的に忌みつつしんで使わないことがマナーとなっている言葉です。
以下の言葉が入っていないか、最後にしっかり確認をしましょう。

縁起が悪いとされている言葉のポイント

  • ・夫婦の別離を連想させる言葉…去る・帰る・別れる・切れる・終わる・離れる・おしまい・閉じる・絶える
  • ・再婚を連想させる言葉…再び・再度・ふたたび・重ねる・繰り返す・二度・なおまた・ではまた
  • ・不幸・不吉・死を連想させる言葉…死ぬ・病む・退く・流れる・倒れる・落ちる・消える・忙しい
  • ・同じことを繰り返す重ね言葉…重ね重ね・かえすがえす・たびたび・またまた・くれぐれも・いろいろ

表現を変えたり、ひらがなにするなど文章を工夫すれば、忌み言葉を使わずに同じ内容を伝えられます。

  • ・お忙しいところ→ご多用中、おいそがしいところ
  • ・新しいスタートを切りました→新しいスタートラインに立ちました
  • ・去年の12月に→昨年の12月に、平成XX年12月に
One Point!

益々・どんどん・だんだん・みるみる・いよいよ・日々・ときどき・などの縁起の悪い意味合いが薄い重ね言葉は、使用しても構いません。

C:名入れ

こちらの部分は、名入れのあるアイテムであれば新郎新婦さまのお名前や挙式日が入ります。
名入れ面には、名入れ以外には何も載せないのが基本です。

D:プロフィール

「新郎または新婦の一方しか知らない」というゲストさまが多い場合は、席次表におふたりのプロフィールを載せておくと、新郎または新婦が結婚を決めた相手がどんな人なのかゲストさまに伝わるのでおすすめです。
披露宴中に司会者からおふたりの紹介があったり、演出でプロフィールムービーを流したりする前に「おふたりについて簡単に知る機会ができる」という理由から、プロフィールを付ける新郎新婦さまが多くいらっしゃいます。

faw
One Point!

オリジナルの項目があってもおふたりらしさが伝わるのでおすすめです。

E:新居

受付の開始時間と挙式の開始時間、披露宴の開宴時間を記入します。また、挙式から参列をお願いしたいゲストさまには「付箋」を同封して挙式の開始時間をお知らせします。

One Point!

新居の住所を入れる場合は、あいさつ文またはプロフィールの下が一般的です。

F:タイムライン

結婚式の大まかな流れと時間をゲストさまに案内する項目です。
トイレなどで席を立つ時間を調整することができるので、ゲストさまの演出への参加感をアップする効果もあります。

「ペーパーアイテム」の記事一覧へ