実際に役立った防災グッズ&置き場所も大切|PIARY(ピアリー)

実際に役立った防災グッズ&置き場所も大切

最終更新日:

目次

・もしもの時にあって良かったものとは?
・防災食は必需品!でも防災食っておいしいの?
・防災グッズってどこに置くの?
・いざという時のために、普段から目に見えるところに防災グッズを置きましょう

災害から身を守る 防災グッズ特集

被災経験者に聞いた、役に立った防災グッズや、最低限準備してたいアイテムをご紹介。

災害から身を守る 防災グッズ特集

もしもの時にあって良かったものとは?

食料

本当に必要なものを知ることは、実際に災害を経験した方にしか分からないかもしれません。
そこで、被災地で実際に役に立ったものを調査してみました。
その中でほとんどの方が備えていて安心したとされているグッズが「カセットコンロ」だそうです。
災害が発生した際は電気・ガス・水道などのライフラインが遮断されやすいもの。
そんな時でもあたたかい食事を作ることができるため前もって準備しておいて助かったそうです。

しかし、最近ではカセットコンロだという量が大きく荷物がかさばってしまう事から、キャンプなどで使用されるバーナーが人気を集めています。キャンプ用と言った事もあり、重さも軽量化が進められていて、なおかつ小さくコンパクトな所が人気なそうです。バーナーであれば缶詰をそのまま火にかけて調理をすることも可能です。
キャンプグッズの専門店やネット通販などでも販売がされているのでご自身に合う物を探してみるのもいいかもしれませんね。
バーナーを購入するのであれば一緒にアウトドア用の鍋を用意しておくのをおすすめします。カセットコンロやバーナーを準備していても鍋が無かったら意味がありません。また、ケトルなどもありますが、鍋の方が食品を温めたり、調理したり、お湯を沸かしたりと様々な事に対応が出来ます。
アウトドア用の鍋はバーナー同様、重さも軽くコンパクトになっています。
しかし、バーナーはカセットコンロ同様でガスの内容量が決まっています。ですので、予備のガスを一緒に用意しておけばより安心できます。
食事以外にも、お湯を沸かして加湿器などの代用にもなります。被災した場合は、ろくにお風呂にも入れないでしょうから、温かいお湯で体を拭くこともできますね。
寒い季節にはストーブ代わりとして利用することもできますので、そういった意味では万能アイテムと言えそうです。

~ワンポイントアドバイス~

カセットコンロやバーナーを用意する場合は、替えのガスボンベの備蓄を忘れないようにしましょう。

非常食は必需品!でも非常食っておいしいの

食料

先ほどのあってよかったものとしてカセットコンロを挙げましたが、持っていても災害時に備えておくべき非常食は準備していますか?
非常食のイメージというと、長期保存が効いているけど、味気ないとか、パンなどもパサついていて固い、というイメージはありませんか?
最近では、日頃の生活でも食べたくなるように非常食も進化しています。
缶に入ったデニュッシュパンや、火がなくても食べられるアルファ米、栄養バランスを考えた野菜スープなど、パッケージもオシャレで非常用とは思えない食品ばかりです。

昔であれば長期の保存が利くものとだけで製造がされていた食品ですが、近年では味や見た目、栄養バランスにおいても考えられて作られています。
避難所生活を強いられた場合に過度のストレスも溜まると言われていますので、おいしい非常食が嬉しいですね。

保存食だけでの生活だとバランスも偏りますし、精神的なストレスに繋がる事も多いです。その中で防災グッズの中にご自身の好きなお菓子や甘いものを1種類入れておくだけでも全然違います。
甘いものはストレスを緩和させてくれる効果もありますし、辛くなった時にこそ美味しい物を食べて気分をリフレッシュさせるようにしましょう。

災害時、自分の命と体を守るためには忍耐力や精神力が最も必要ではありますが、活気が落ち込んでしまうと気分のバランスも摂れなくなってしまいます。自分の心や体と向き合って少しでも気分を高める事ができるような事柄も必ず必要にはなってきます。


防災グッズってどこに置くの?

部屋

阪神淡路大震災や、東日本大震災、九州豪雨など、「防災」に対する意識が強くなったのではないでしょうか。

日本は元々、地震が多く島国だからこそ津波などの心配は常に途絶えません。併せて年々、自然災害が目立つようになってきました。

震災をきっかけに準備しておく家庭は増えていると思いますが、備えている防災グッズをどこに置いておくかも重要なポイントになります。
一刻を争うような瞬間にすぐに防災グッズを持ち出せなければ意味がありません。
保管しておく最適な場所はそれぞれの家庭によって異なるとは思いますが、災害が発生したと想定すると、ほとんどの方は玄関から外に出ると思います。
よって防災グッズは「玄関」に置いてすぐに取り出せるように保管をしておきましょう。

防災グッズは災害が起こった際にしか使用をしないので普段は一切使用する機会はありません。だからこそ押入れの奥や納戸の中などにしまい込んでいる方が多くみられます。

しかし、災害時にどこにしまい込んだか分からない防災グッズを探している暇はありませんし、その時に冷静に探すことが出来るのかも難しいです。防災グッズを探している時間に命の危機にさらされる可能性もあります。


~ワンポイントアドバイス~

災害が起こり外に出た時、避難する場所に向かえるようにあらかじめ避難場所の確認や家族がいる場合は集合場所などを決めておくことをおすすめします。

いざという時のために、普段から目に見えるところに防災グッズを置きましょう

大きな災害があった時は防災の大切さを再認識しますが、しばらくすると忘れてしまうもの。でも、震災は忘れたころにやってきます。
普段から防災を意識するためにも、非常食はキッチンに、持ち出し袋は玄関に置いておくことが防災の意識を高めることにもつながります。
自分や家族にとって本当に必要なものを厳選して、災害時「用意しておいてよかった」と思えるように備えを万全にしておきましょう。

災害から身を守る 防災グッズ特集

被災経験者に聞いた、役に立った防災グッズや、最低限準備してたいアイテムをご紹介。

災害から身を守る 防災グッズ特集

防災グッズを探す