自然災害が起きた!自分と家族を守る為の情報収集|PIARY(ピアリー)

自然災害が起きた!自分と家族を守る為の情報収集

最終更新日:

目次

・増加傾向にある自然災害
・災害が起きたら欠かせないのが情報を集めること
・情報収集の方法は
・まとめ


増加傾向にある自然災害

自然災害

近年、日本では地震や津波、豪雨などのさまざまな自然災害が起きています。
しかしいざ自分が被災した際、どのように動けば良いのかまったく分からないという方が多いのではないでしょうか?事前に防災グッズや避難経路や避難所の確認などをしておけば、慌てずに落ち着いた避難行動が可能になります。

災害が起きたら欠かせないのが情報を集めること

情報

自然災害が起きてすぐに避難所へ避難しようと思いますが、実はとても危険な行為です。まず、最初に行うべきなのは情報収集です。情報を理解しているのとしていないのでは大きな差が出ます。思い立った行動は余計に混乱を招きますので注意してください。

【被害状況】
被害状況を知ることで今後の被害や動きが分かります。自宅で待機していた方が良いのか、避難所へ移動した方が良いのか決まってきます。また、避難所へ行った後はどのくらいの避難生活になるのかの予想を立てることができ、避難所へ行く際の防災グッズの量を見直すことが可能になります。

【交通状況やライフライン、インフラ】
災害時はいつ、どこで起きるかがまったく分かりません。その為、会社などに行っている場合は自宅へ帰れるのかの確認が必要になります。災害時は交通機関やライフライン、インフラなどがストップしてしまう事が多いので注意をしてください。

【気象情報】
自然災害では多くの場合二次被害が出やすくなっています。例えば地震の後には津波が発生、豪雨の際は土砂災害なども続いて起こる事が多いです。その為、今後の天気などを理解しておくことで動きが変化してきます。

情報収集の方法は

KOBAN 備蓄ラジオ 備蓄多機能LEDランタン KOBAN 備蓄ラジオ 備蓄多機能LEDランタン KOBAN 備蓄ラジオ 備蓄多機能LEDランタン

災害時は情報収集が必要になりますが、どのような方法で情報を集めればいいのでしょうか?

通常であればTVや携帯電話での速報が一番早いと思われますが、自然災害後はライフラインが止まりやすく電気などもストップしてしまう事があります。また、避難所へ移動した際にも同様です。

その時の為に「ラジオ」を用意しておくと安心です。ラジオは小型の物でも十分情報収集が出来るアイテムなので、一家に一台用意しておきましょう。また、最近ではライトや携帯電話の充電が出来る物もあります。自分に合った安心できる物を購入してください。

自然災害が起きた時は情報が必要になります。
しかし、避難所にテレビがあるか不明ですし、携帯電話も使えるか分かりません。 その時はラジオが一番情報を収集しやすいアイテムになってきます。 電池式の物だと電池切れが怖いので、手で回す発電付きの物であれば安心です。
最近ではラジオに懐中電灯が付いている物も販売されているので一石二鳥にもなる防災グッズにはとてもぴったりです。

「防災用ラジオ」を準備しましょう。
「防災用ラジオ」とは、普通のラジオ機能はもちろん、非常用のライトが付いていたりモバイル端末の充電機能がついていたりしますので、災害時には便利な機能が備わっている防災用ラジオを準備しておきましょう。また、防災用ラジオを選ぶ際のポイントをお伝えします。

1.乾電池式や手回し式など電源の取り方が複数あるものを選びましょう
2.バッテリーが長持ちし、長時間使用できるものを選びましょう
3.比較的操作が簡単で分かりやすいものを選びましょう
4.ラジオ電波の受信が良く、対応できる周波数が多いものを選びましょう
5.他人に迷惑にならないようにイヤホン、スピーカーの両方が使えるものを選びましょう



災害時にラジオが必要な理由は?
ラジオ放送からの情報が、一番信頼度が高いのはなぜなのか?
近年、インターネットやスマホアプリでラジオ放送を聴くことができるので、ラジオを備えている人は少ないのではないでしょうか。
しかし、災害などの非常時にはラジオが本当に役立つので持っていると安心です。災害に直面した場合、ライフラインが途絶えてしまいその影響で停電も考えられます。停電になるともちろんテレビやパソコン、スマホやタブレットなどのモバイル端末も充電がなくなってしまうと使用できなくなります。当然電話もつながらなくなりますので情報を得る方法がなくなってしまうのです。そこで活躍するのが「ラジオ」ですが、それは一体なぜなのでしょうか。
ラジオ放送は、放送局でアナウンサーの声を、マイクを通して電気信号に変換され、その電気信号を電波に乗せて放送局のアンテナから送信しています。つまり、ラジオはその電波をアンテナで受信し電気信号を元の声に戻してスピーカーから聞こえるようにしているということです。なので、電波の届く場所にラジオがあれば放送を聴けることになります。
災害が発生し避難所にいる場合でも、ラジオがあれば情報が簡単に手に入ります。

あらかじめ家族間での安否確認方法を決めておきましょう
災害時に家族全員が一緒にいるとは限りません。別々の場所にいるときでも安否確認ができるように日頃から確認方法や集合する場所など事前に話し合っておくことをおすすめします。

あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておきましょう
災害が発生したときに大切なのは、慌てないように避難することです。自身の住まいの自治体のホームページやハザードマップなどを見て、避難場所や避難経路などを事前に確認しておくことをおすすめします。

災害時の情報収集はSNSも活用できる
近年では、SNSが普及しており、様々な情報収集に役立っています。SNSによって発信されている情報は、被災現場やその周辺から発信される場合や災害が発生した直後の情報、それから災害が発生する前後の時間の経過に合わせて発信されるなど、すぐに確認できるという観点から貴重な情報源ともいえるかもしれません。そのため、SNSによって発信される情報を随時チェックすることは、適切な災害の対応に繋がる可能性が大きいです。例えば集中豪雨などによる洪水や土砂崩れ、また浸水被害のような時間の経過に伴って発生する災害などは、災害が発生する前に予兆の検知ができるので、避難を促したり、避難指示する対応に繋がる可能性があります。

※SNS情報を活用する場合には充電切れに十分注意しましょう。モバイルバッテリーを準備し、停電しても使用できるように電池式のバッテリーを備えておきましょう。

まとめ

情報

自然災害発生時には情報がとても大切です。情報が分からないまま避難してしまうと、焦った人たちで溢れてしまい怪我の恐れがあり、冷静な行動が出来なくなってしまいます。また、避難所へ移動するにも市区町村により避難までのなども変わってきますので確認をしておくと安心です。

防災グッズを探す