両親へ内祝いを贈るときのマナーや相場は?おすすめのギフトもご紹介!|PIARY(ピアリー)

両親へ内祝いを贈るときのマナーや相場は?おすすめのギフトもご紹介!

最終更新日:

結婚や出産など、人生の節目となるタイミングで両親から多額のお祝いをいただいたく機会があると思います。両親からお祝いをいただいたものの、内祝いをどうすればいいかわからないという方は多いのではないのでしょうか?

両親という近い立場だからこそ、マナーのポイントを押さえて、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。

今回は、両親への内祝いのマナーや、内祝いの贈り物の選び方を解説し、おすすめの内祝いギフトも紹介します。

目次

・両親からいただくお祝いの金額相場は?
・両親へ贈る内祝いの金額相場はどれくらい?
・両親への内祝いにのし紙は必要?
・両親への内祝いはいつ贈れば良いの?
・両親に内祝いはいらないと言われた時はどうする?
・両親への内祝いにおすすめのギフト
・両親への内祝いは、感謝の気持ちを第一に選びましょう!

両親からいただくお祝いの金額相場は?

両親からいただくお祝いの金額相場は?

お祝いの金額には、一般的に相場があります。相場より多すぎても少なすぎても失礼にあたりますが、両親からのお祝いは、一般的な相場とは異なる基準があります。

まずは、両親からいただくお祝いの相場について見ていきましょう。

結婚祝いの場合

結婚祝いの場合、結婚式を挙げるかどうかでお祝いの金額が変わってきます。結婚式を挙げる場合、結婚祝いとして式にかかる費用を両親が援助するケースがあります。

両親が結婚式の費用を援助してくれる場合

一般的な結婚式の費用は、300万~400万円ほどかかると言われています。このうち30万~100万ほどをお祝いという形で両親が負担する家庭が多いです。親戚や、両親の関係者を多く招く、式の内容に親の意見を取り入れる、といった場合は、援助してもらう金額がもっと高額になるケースもあります。

式の規模など、かかる費用によっても両親から援助してもらう金額が変わるので、金額相場がはっきり決まっているわけではありません。

両親が結婚式の費用を負担しない場合

式の費用を負担しない場合は、ご祝儀という形で現金をいただくのが一般的です。この場合は、10万~30万円ほどが相場になっています。

結婚式をしない場合

最近では、結婚式を挙げないカップルも増えてきています。結婚式を挙げないかわりに、その後の新婚旅行や生活資金に費用を回すといった人が多いです。

結婚式をしない場合も、親からは結婚祝いとして現金をいただくのが主流となっています。ただし、式を挙げる場合よりも金額は少なめ。10万円前後をお祝いとしていただく家庭が多いようです。

出産祝いの場合

出産祝いの相場も、相手との関係性によって金額が異なってきます。

両親からの出産祝いは、他の人からいただくお祝いよりも高額になる傾向があり、 3~10万円ほどが相場となっています。

出産祝いに限らず、他のお祝いでも、両親からいただく金額は、親族や友人からいただくお祝いよりも高額になる傾向があります。

両親へ贈る内祝いの金額相場はどれくらい?

両親へ贈る内祝いの金額相場はどれくらい?

では、両親から高額のお祝いをいただいた場合、内祝いの金額はどれくらいにすればよいのでしょうか?

内祝いの基本は、いただいたお祝いの1/3~半額程度とされています。いただいたお祝いが高額の場合は、内祝いも高額なものを贈るのが一般的です。

しかし、両親からいただくお祝いが高額の場合は、「これからの新生活に役立ててほしい」「出産や育児の費用の足しにしてほしい」という、応援の気持ちが込められていることが多いです。内祝いに高額なものを贈ってしまうと、その気持ちを無視してしまうことになりかねません。

相場通りの内祝いを贈るのはもちろん失礼ではありませんが、両親へ内祝いを贈る時、一番重要なのは気持ちです。金額にこだわらず、両親への感謝の気持ちが伝わるような贈り物を選ぶことが大切です。

両親への内祝いにのし紙は必要?

両親への内祝いにのし紙は必要?

現在では、お祝いをいただいた方へお礼の贈り物をする、という意味で使われている内祝いですが、もともとは、お祝い事があったときに親族や友人、近所の方に、お祝いのおすそ分けをする、という習慣でした。

内祝いはお祝い事の贈り物なので、お祝い事のしるしであるのし紙をかけるのが一般的です。 しかし、両親は身内にあたり本来は内祝いを贈る側の立場になりますので、のし紙をかけず、ラッピングのみで贈っても問題ありません。

慶事の贈り物なので、水引の色は「紅白」のものを使用します。結婚内祝いの場合は、繰り返すお祝い事ではないので「結び切り」の形のものを、出産内祝いの場合は、何度あってもよいお祝い事なので「蝶結び」の形を選びましょう。

のし紙の表書きには内祝いと書かず、「御礼」と記載するとよいでしょう。

両親への内祝いはいつ贈れば良いの?

両親への内祝いはいつ贈れば良いの?

お祝い事の内容によって内祝いを贈るのに適切なタイミングがかわってきます。それぞれのお祝い事別に、内祝いを贈る時期を見ていきましょう。

結婚内祝いの場合

結婚内祝いの場合、内祝いを贈る時期の目安になるのが結婚式です。結婚式の前後で結婚祝いをいただく方が多いと思いますが、その場合は結婚式から1ヶ月以内が、内祝いを贈る目安になります。

結婚式よりも前に、かなり早いタイミングでお祝いをいただいた場合も、挙式から1ヶ月以内を目安として問題ありません。ただし、その場合は、お礼を述べた上で、内祝いは後日贈ることを伝えるとよいでしょう。

式を挙げない場合は、入籍した日から2~3週間以内を目安に贈るとよいでしょう。

出産内祝いの場合

出産内祝いの場合は、産後1ヶ月におこなう「お宮参り」の前後に贈るのを目安にするとよいでしょう。遅くとも、出産から2ヶ月以内に贈りましょう。

ただし、出産後はなにかと慌ただしく、母子の体調にも変化が起きやすい時期です。中には、産後しばらく安静が必要な方もいるでしょう。そんな時は無理をして出産内祝いの準備をせず、電話やメールなどで内祝いを贈ることが遅れる旨を伝えておきましょう。

出産後は慣れない子育てや新生活で忙しいため、できれば出産前に贈る相手のリストをあらかじめ作成しておいたり、贈り物のピックアップをしておいたりすることをおすすめします。

両親に内祝いはいらないと言われた時はどうする?

両親に内祝いはいらないと言われた時はどうする?

もしも両親から内祝いはいらない、と言われたときは、身内ですし、素直にお言葉に甘えてしまっても問題ありません。ただし、配偶者の両親の場合は、配偶者とよく相談してから決めた方がよいでしょう。

とはいえ、両親からのお祝いは高額なことが多いため、甘えっぱなしでまったく何も返さないのは気になる、という方もいるのではないでしょうか。

その時は、自宅へ招く際や両親を訪ねる時に、ちょっとした手土産を用意するとよいでしょう。両親なら好みもよく知っているので、お茶やコーヒーなど、嗜好性の高い品を贈ってもよいです。少し高級なお菓子や季節の果物など、普段より少し上質で、高価すぎないものを選んでみてください。

両親への内祝いにおすすめのギフト

最後に、両親への内祝いにおすすめのギフトを紹介します。

リンベルカタログギフト プレゼンテージ【30800円コース】カンタータ

カタログギフトは、贈った相手が好みに合わせて商品を選ぶことができるので、お祝い事の贈り物として人気の高い商品です。

「リンベルカタログギフト プレゼンテージ【30800円コース】カンタータ」は、全国各地のグルメや国内外の有名ブランドグッズ、高級ホテルや施設での体験など、上質な商品を集めた一冊です。

一般的なカタログギフトよりも写真や文字が大きく、見やすさにもこだわったカタログギフトは、ご年配の方からご家族まで、幅広い方の「欲しい」が詰まっています。

この商品を見る

麺米御膳~めんまいごぜん~(名入専用)

魚沼産のこしひかりや秋田県産あきたこまち、北海道産ゆめぴりかと言った全国の有名なブランド米と、もち麦や雑穀米を使用した美人うどんの詰め合わせ。パッケージに名前とふりがな、生年月日を入れることができるので、出産内祝いにおすすめです。

他にもうどん用の出汁やごはんのお供にぴったりな佃煮など、全国各地の「美味しい」を詰め込んだ一箱です。

この商品を見る

体重米手作りキット(カタログギフト 銘酒【6000円コース】GS02+PREMIUM バスタオル1枚(ホワイト))

体重米は出産内祝いにぴったり。そんな体重米から、おくるみをイメージした今治のバスタオルと、厳選したグルメカタログギフトをセットにした"半DIY"の手作りキットをセレクトしました。

お好きな銘柄のお米を生まれた時の体重分用意したら、バスタオルで米袋を包み、赤ちゃんの顔写真を挟んでリボンを結んだら体重米の完成です。

赤ちゃんの顔写真を印刷したカードは、お好きなデザインをお選びいただけます。

この商品を見る

EDGWOOD(ウェッジウッド) ヴェラ・ウォン ウィズ ラブ ピクチャーフレーム

結婚や出産の写真をお部屋に飾ることができる、フォトフレームも内祝いの定番ギフトです。

「WEDGWOOD(ウェッジウッド)ヴェラ・ウォン ウィズ ラブ ピクチャーフレーム」は、世界的なブライダルデザイナーのヴェラ・ウォンと、陶磁器メーカーのウェッジウッドがコラボしたフォトフレームです。

シンプルながら、優雅で上品なフォトフレームは縦・横置きのどちらでも使えるので、お気に入りの写真の向きを気にすることなく飾ることができます。

結婚式の写真や、赤ちゃんの写真など、思い出の一枚を、エレガントなフレームが彩り引き立ててくれるでしょう。

この商品を見る

両親への内祝いは、感謝の気持ちを第一に選びましょう!

内祝いには様々なマナーがあり、贈り物の金額にも相場があります。両親からいただくお祝いは、他の方よりも高額になる傾向にあるため、相場に合わせると内祝いの贈り物も高価になりがちです。

しかし、両親のお祝いは、新生活や赤ちゃんにかかる費用を援助する気持ちが込められているため、必ずしも相場通りの内祝いを贈る必要はありません。

今まで育ててくれた感謝や、これからの生活を見守って欲しいといった、気持ちの込もった贈り物を選んだほうが、喜んでもらえることでしょう。

この記事を参考に、感謝の気持ちがより一層伝わるギフトを選んでみてください。