国内最大級の結婚式アイテム・ギフト通販サイト|PIARY ピアリー

お中元マナー

お中元とは?

お中元は7月の初旬から15日頃までに、お世話になっている方に贈り物をする習慣のことです。中国の行事に三元(1月15日「上元」、7月15日「中元」、10月15日「下元」)がありますが、この「中元」のみが日本のお盆と結びついて残ったと言われています。
日本では江戸時代に定着しました。

贈る時期

東日本では7月上旬から7月15日頃に贈るのが一般的とされています。西日本では一ヶ月遅れで、8月上旬から15日までに贈る地域などもありますが、現在では地方にかかわらず、7月の中頃までに贈ることが多いです。

もし期間を過ぎて立秋(8月7日)までに贈るときは、「暑中御見舞」。それ以後に贈る場合には「残暑御見舞」として贈りましょう。

ちなみに「お中元」は毎年贈るものですので、今年お世話になった方に贈るなら「御礼」と書いて贈るのをおすすめ致します。

相場

相場は3,000円から5,000円ほどです。高価すぎるものを贈ると贈り先さまの負担になることもありますので、できれば避ける方がいいかもしれません。

人気のお中元商品

暑い季節に贈るものですので、スイーツやアイスなどの涼しさが伝わるものや、保存しておけるものが人気。とはいえ、特に制約があるわけではありません。

贈り先さまのご家庭の家族構成や、好みのものを考えてみて、喜んでいただけそうなものを選ぶのがいちばん良いでしょう。

お中元に熨斗(のし)はかける?

お中元には熨斗をかけましょう。

熨斗には紅白の蝶結びの水引をかけて、表書きには「御中元」と書きます。名入れはフルネームが一般的です。なお連名で名入れをするときには、目上の方が右側に来るように配置しましょう。

お中元を贈られたら?

お中元を受け取った場合には、できればお礼状を書くようにしましょう。もしこちらから贈っている場合にも、それとはべつにお礼状をしたためておくと、相手への印象がよくなります。もし近しい関係の方なら、メールやLINEなどでもいいかもしれません。

お中元を贈っていない方からお中元を受け取った際には、慌ててお返しをしなくても大丈夫です。まずはお礼状をだしましょう。お中元にはかならずお返しをする必要はありません。しかし、もし気が済まない方は、「残暑見舞い」としてお返しをするといいでしょう。