知っておきたい!引き出物の豆知識

知っておきたい!引き出物の豆知識

ふたりの結婚を会場まで足を運んでお祝いしてくれるゲスト様への感謝の気持ちを込めてお渡しする引き出物、引き菓子。
実用性に富んでいるものや、日常生活で必要な消耗品、自分ではなかなか買わないけれどあると便利なものなどが好まれます。
「ありがとう」の気持ちを伝えるギフトだから贈って喜ばれるものを贈りたいものですね。

引き出物の由来とは

引き出物はその昔、宴席の主が招待客へのお土産として用意した馬を、庭先に“引き出して”贈ったことから始まったと言われています。
後に馬ではなく馬代(うましろ)として金品を贈るようになり、酒の席のお膳にそえる贈り物を「引き出物」と呼ぶようになったそうです。
結婚するおふたりからのおもてなしの心と、感謝を表す贈り物です。

引き出物と内祝いの違い

引き出物

結婚式のお祝いのおすそ分けと感謝の意味を込めて、披露宴に出席してくれたゲスト様に贈る品物
>>引き出物はこちら

内祝い

披露宴には列席されず、お祝いのみをいただいた方へ贈る品物
>>結婚内祝いはこちら

One Point!

内祝いは本来、お祝いに対するお返しではなく、自分たちの喜びを分かち合おうという意味でお贈りするものでした。
しかし近頃ではお祝いをいただいた方に対して、お返しの意味で内祝いを贈ることが一般的になっています。

引き出物の品数はいくつ?

引き出物の品数は地域によって多少異なりますが、偶数の場合は割れることを連想させるので避けた方がいいと言われています。
そのため、“2つに割れない”という縁起をかついで3品・5品・7品といった偶数の組合せが多いです。メインの引き出物に引き菓子、縁起物の組合せの3品や、それにお赤飯や小物を加えた5品という組み合わせなどがあります。

引き出物選びのポイント

引き出物選びは予算内でおさめることが大切ですが、一番大事なのは、ゲスト様に喜んでもらえる引き出物を選ぶことです。
自分たちの好みに偏らず、ゲスト様の立場になって考えるようにしましょう。

最近の結婚式ではほとんどのカップルが贈り分けをしているようです。
たとえば、ご年配の方や遠方から列席する方たちのことを考えて、かさばらないカタログギフトや引き出物を宅配にする…などの配慮ができるとステキですね。
実用性に富んでいるものや、日常生活で必要な消耗品、自分ではなかなか買わないけれど、あると便利な物などがポイントです。また、引き出物に関してはご両家のご親族・ご親戚にも相談してみることもおすすめします。

引き出物で選んではいけないもの

刃物

引き出物で、刃物(包丁やハサミ)を入れるのはNGです。
これらは、“刃物は切れる=縁が切れる”と言うことを連想させることに由来します。

One Point!

最近では、あまり気にされない方も増えてきていますが、ご年配の方にはあまりよく思われない引き出物です。

重箱

重箱は、古くから離婚や再婚を連想させるものだそうです。そこで、引き出物で重箱を選ぶのはよくないと言われています。
「離婚」などを連想させるような贈りものはしたくないですよね。できる限り、重箱を引き出物にするのはやめましょう。

地域によって相場・内訳が違う!

全国的な相場は一人あたり約7,000円・品数は3品なのに対して、北陸地域では相場約1万円・品数4~5品と地域によって相場・品数が大きく異なります。
名古屋周辺の地域では「引き出物は重くかさばるくらいが良い」と言われているため5品用意する場合も。また、北海道では会費制が多いことも知られています。
ゲスト様の中には古くからのしきたりや地域の風習を重んじる方もいらっしゃるため、ご両親と相談して決めることをおすすめします。

引き出物の宅配がいま大注目!

結婚式の引き出物といえば、結婚式場から自宅まで持ち帰るというスタイルが昔から最近まで変わることなく一般的とされていました。
しかし新郎新婦様の感謝のきもちが込められた引き出物は、ゲスト様にとって有り難いものではありますが、その反面「重たい…」とゲスト様に負担をかけてしまうのです。
そこで、ゲスト様の負担を軽減するため、引き出物は持ち帰るという概念を取っ払い、ゲスト様のご自宅に配送をしようという心遣いから始まったのが引き出物を宅配するというサービスです。
いまでは多くの新郎新婦様の中で大注目となり、一番新しい引き出物スタイルとして話題を呼んでいます。
関連記事:いまの時代はコレ♪引き出物はゲスト様のご自宅に直接お届け!

引き出物宅配便セットTV紹介

まとめ

結婚式でゲスト様に贈る引き出物は、上司や同僚、友人などの相手との関係性や既婚・未婚、お子さんがいる家庭などの家族構成によって引き出物を贈り分けたり、相手の好みや実用性を考えるなど、ゲストの立場に立って喜ばれるものを選ぶことが大切です。
心のこもったおもてなしをすることが一番大切ですので、ゲストの笑顔を思い浮かべながら、じっくりと考えて選んでみてくださいね!