7割のカップルが「結婚式の引き出物選びは成功!」と回答。しかし、ゲストは…

7割のカップルが「結婚式の引き出物選びは成功!」と回答。しかし、ゲストは…

2人のセンスを印象づける結婚式の引き出物。弊社のアンケート※によると、約7割のカップルが、自分たちの引き出物選びに「満足」と答えている。 だが、ゲスト側の声に耳を傾けると、驚くべき声がぞくぞくと…。以下を参考にして、ゲストにも喜ばれる、引き出物を見つけましょう!
※ピアリー調べ(2013年11月実施)

引き出物のリアルな相場&データをチェック!

Q1.引き出物にかけた費用は?

  • 親族…一人当たり平均 9,886円
  • 友人…一人当たり平均 5,586円
  • 会社関係…一人当たり平均 7,542円
  • ※一人当たり平均 7,686円
費用

Q2.引き出物選びにかけた日数は?

  • 即決…23%
  • 2週間…27%
  • 1ヵ月…41%
  • 3ヵ月以上…9%
期間

Q3.引き出物選びに満足できた?

  • 満足…37%
  • やや満足…35%
  • どちらともいえない…23%
  • やや不満…3%
  • 不満…2%
満足度
ワンポイント

平均は7,600円。感謝の気持ちはケチらないのが正解!

これからずっとおつきあいが続くゲスト。引き出物の予算は、しっかりと確保しておきましょう。最近の引き出物の傾向は、相手に応じて贈り分けるのが 一般的です。一人当たりの引き出物にかかった費用は平均7,600円。やはりたくさん包んでくれる親族はやや高めの傾向があり、親族に対する引き出物金額は 一人当たり約1万円と一番高く、次いで会社関係が7,500円、友人は5,500円の順に。品物を変えたり、同じブランドの中から金額を変えて贈り分けしている人が多数!

引き出物にまつわるトホホ&仰天エピソード

  • 女性A

    引き出物の予算はしっかり確保!

    引き出物の予算を抑えたらお義母さんに「これだけ?」と言われ、後日お菓子をお義母さんが用意。
    はじめから1品増やせばよかった。

    (29歳 女性)

  • 女性D

    要チェック!引き出物の持込み!

    インターネットで購入したかったが式場が持ち込み禁止だったので、定価のまま用意した。最初から持込みNGだと知っていたら、ほかの式場も検討したのに…。
    お金をかけた割には貧相な内容になってしまって残念。もっと良いものを安く選びたかった。

    (26歳 女性)

  • 女性C

    大切なゲスト!
    式場からの帰り道も考慮して!

    お義母さんに「引き出物は恥ずかしくないように高めのもので品数も多く!」と言われたので、出席して頂いた方には大荷物になってしまい申し訳なく感じた。

    (31歳 女性)

  • 女性B

    引き出物宅配サービス!
    遠方からのゲストのために!

    遠方から来るゲストが多いため引出物宅配サービスを利用したかったが両親に反対され、一般的の式場で渡すスタイルで手配しました。
    挙式当日の夜、ホテルへ戻ると遠方から来てくれた友人はフロントにて宅急便の手配を。やっぱり宅配サービスにすればよかったと後悔しました。

    (28歳 女性)

実録“アリ”な引き出物&“ナシ”な引き出物

アリ派が語る!もらって嬉しかった引き出物

  • 女性C

    贅沢気分に浸れる!
    おしゃれ&プチリッチな食品!

    有名店のお菓子やデニッシュなどの詰め合わせセット。自分ではなかなか購入しない食品はテンションアップ!
    自宅にいながらゴージャス気分を味わえました。

    (25歳 女性 他多数)

  • 女性D

    実用的がイチバン!1~2合分のお米!

    お米(1合~2合分)。初めてもらいましたが、「お米」というチョイスが面白いと思ったし、美味しくいただきました。

    (31歳 女性)

  • 女性A

    やっぱり定番人気!カタログギフト!

    その時々の欲しいものが選べるカタログギフトは、選ぶ楽しみもあるので大好き。
    どれにしよう?と考える時間や届くまでの時間もワクワクします。

    (28歳 女性 他多数)

  • 女性A

    引き出物が自宅に!引き出物宅配便!

    宅配の引き出物にしたら多くの喜びの声を頂いてとても嬉しかった。

    (32歳 女性 他多数)



ナシ派が語る!もらって困った引き出物

  • 女性A

    ラブラブアピールにドン引き!
    新郎新婦の写真&名前入りアイテム!

    新郎新婦の写真が印刷されたものはイマイチ。
    飾ることも使うことも捨てることもできず迷惑!

    (33歳 女性 他多数)

  • 女性B

    趣味に合わないキャラクターグッズ!

    キャラクターグッズ。
    かわいいけど好みがあるのでどうしていいかわからない

    (31歳 女性)

  • 女性C

    どう使えばいいの?家紋入りの瓦!

    瓦屋が家業の新郎家の家紋入り瓦を記念品にもらいました。
    運ぶのに重たいし使い道がなくて困りました。

    (28歳 女性)

  • 女性D

    持ち帰りにひと苦労!
    陶器の焼酎サーバー!

    もともと焼酎は飲まないので、その時点でガックリ…。
    さらに、式場まで電車利用だったため、持ち帰るのに重すぎて大変でした。

    (29歳 女性)

ワンポイント

趣味趣向を押し付けない。ゲストが使ってもらえるものを選びましょう。

断トツで不人気だったのは、「新郎新婦の写真&名前入り」の品。ふたりの結婚の記念に…という特別な思いを込めたモノも、持ち帰ったあとのゲストたちの日常では、残念ながらあまり出番がないようです。 また、豪華すぎる食器セットや大きくかさばるホットプレートなど、持ち帰るのが大変な重いものも不評。 趣味が合わないキャラクターグッズや個性的すぎる食器類なども使いづらいと、シビアな本音が漏れ聞こえました。
先輩花嫁からのアドバイス

No.01 やっぱり自由に選べるカタログギフトが正解!

  • 相手によって喜ぶ物は違うのでカタログギフトは良いと思います。(28歳)
  • 趣味ではないものを贈って不要物にされるより、やっぱりカタログギフトを贈って好きなものを選んでもらうのがいい。(26歳)
  • ゲストは年齢がバラバラのため、すべての方に喜んで頂くのは大変難しい。カタログギフトも自分で選んで注文が面倒な方も…。物ではなく食べ物のカタログギフトは結構どなたにも喜んでもらえました。(29歳)
  • >カタログギフトはコチラ

No.02 いつでも探せて安く手に入るインターネットがオススメ!

  • インターネットでいろいろ購入して安く抑えるのはいいと思います。自分もインターネットをみて買いそろえました。思っていた以上に良い物が安く手に入るのでオススメです。(21歳)
  • インターネットで引き出物が買えるだなんて知らず、式場のプランナーさんに従って式場で用意したものから選び、即決だったけど、インターネット注文は好きな時間に好きなだけ悩んで決められるのでオススメしたい。(27歳)
  • 当時は選べる種類もあまりなく、式場に提示された中から選んで終了でしたが、今はかわいい物が増え金額も驚くほど安く手に入る場合もあるので、信頼できるWeb Shopを見つけ上手に買い物をしてもらいたいです。引き出物、センスが問われますヨ!(31歳)
  • 式場を選ぶ際に、引き出物の持ち込み可なのか、確認した方がいいと思う。インターネットで買うとこんなに安くなると知らなかったので、持ち込み不可と言われたけど、そこの式場に決めてしまいました。(26歳)
  • 式場で買うと高くなるので、ネットで探して買った。予算内でワンランク上の引き出物を選ぶ事が出来たので、ボリュームのある引き出物になってよかった。(31歳)
  • >先輩花嫁たちが教える、オシャレに節約の方法

No.03 体験者は知っている!便利で喜ばれる今ドキ引き出物は宅配。

  • 引き出物の宅配便の利用は便利!ゲストに「引き出物を持ってからなく済むのでよかった」と言われました。(26歳)
  • 家に届けるタイプの引き出物宅配を利用した。参列者が楽に帰ってもらえるのでよかったと思う。(30歳)
  • 式場から持ち込み料がとられない宅配のギフト。(26歳)
  • >引き出物宅配便セットはコチラ

No.04 やはりゲストのことを考えて選ぶのが一番大切!「贈り分け」で印象に残る引き出物を。

  • 独身、家族、お年寄りなど列席される方の内容を把握して引き出物を選ぶと良い。(33歳)
  • ゲストの方、贈る相手のことを考えて購入をし、自分の趣味に走らないことをおすすめします。(35歳)
  • 贈り物が邪魔にならず使えるものか、いかに贈ったら相手に喜んでもらえるかを考えて選ぶといいと思う。(24歳)

ピアリーのプランナー“Bさん”に聞く “イマドキ”の引き出物事情とは?

相手との関係によって違う引き出物を贈る「贈り分け」が主流

最近、引き出物の「贈り分けスタイル」が流行となっています。いまや引き出物は全員同じではなくて大丈夫なのです。
例えば、結婚披露宴の招待客を年齢層や親族、友人、上司といったグループに分けて、違うモノを贈る新郎新婦が増えています。
なかには招待客一人ひとりに別々の品物を選ぶ新郎新婦もいて、「大変だけどその過程がとても楽しい」とか。
一生に一度の、お二人らしい結婚式の思い出作りのためにも、引き出物選びはとても重要。
色々と大変だとは思いますが、ゲストの顔を想い浮かべながら、早めの準備で、楽しみながら選んでください。

相手別・おすすめ引き出物

上司・ご親族へは、質にこだわった一品を贈ると良いでしょう。
見栄えのするブランド洋食器・格調高い和食器をチョイスしました。

ご夫婦のゲストには、日常よく使えるものが喜ばれます。シンプルで飽きのこないペアマグや、来客用のプレートなど使い勝手を重視してチョイスしました。

好みのわかる友人へはきらりと光る一品を…。例えば個性あふれるカップやユニークなディッシュプレートなど、驚きと喜びを感じていただけるアイテムがおすすめです。

ご購入前の最終チェック!引き出物選びチェックポイント

□ お二人の趣味・趣向が強すぎないか
□ もらってうれしい高級感・特別感があるか
□ 実用的な物か
□ 自分がもらっても嬉しいか
□ 結婚記念にふさわしいものか

まとめ

自分たちは良かれと思って選んでいたことが、ゲストにとっては不評だった…というケースが意外と多くてびっくり。
最近では、できるだけ予算を抑えるために、式場手配ではなく個人で引き出物を用意したり、引き出物を宅配するサービスを利用するなど、選び方や贈り方も変わってきているよう。
贈る相手の年齢、立場、趣味趣向が違うからこそ難しい「引き出物選び」。
一生に一度のコトだからこそ、皆さんに喜ばれる引き出物を選びたいものですね。