のしのマナー

のしのマナー

“のし”とは?

贈り物には水引と熨斗(のし)の入ったのし紙を掛けることが一般的なギフト包装とされています。 水引とは、贈り物の包み紙を結ぶ紙紐のことで、目的に応じて色や本数、結び方が異なります。 のし紙をかける際、適していない結び方のものを選んでしまうと失礼に当たりますので、十分に注意しましょう。また、生鮮品や仏前へのお供え物には、熨斗なしの掛け紙を使用します。のし紙を正しく選び、気持ちの良い贈り物を心がけましょう。


≪Column≫
熨斗とは、贈り物に添える飾りのことで、かつて長寿や繁栄を意味する縁起物として、薄く伸ばしたアワビを干した「のしあわび」が使われていたことに由来しています。のし袋やのし紙の右上に付けるもので祝義にのみ使用します。現在ではこれらが簡略化され、熨斗と水引が印刷されたのし紙を使用することになったようです。

用途別のしの基礎知識
結婚関係
【結婚祝い】
用途・結婚祝い
[ のし上 ] 御祝、寿など
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] 贈り主
[ 目安 ] 地域によって多少の差はありますが、一般的に披露宴に出席した場合は、身内の場合3万~10万円 、 知人・友人の場合3万円が相場と言われています。 また、披露宴に出席しない場合は、5000円~2万円前後でお祝いを贈ることが多いようです。
[ 贈る時期 ] 披露宴に出席しない場合は、挙式の1ヶ月前から1週間前ぐらいまでに届くのが理想的。間に合わない場合は、改めて後日に。披露宴に出席する場合は、挙式の1ヶ月前から1週間前ぐらいまで、もしくは当日受付にてお渡しします。
【婚礼引出物】
用途・婚礼引き出物
[ のし上 ] 寿 、御礼など
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] ご両家の姓が一般的。「~家」を付け足す場合もあります。 新郎新婦の名前のみを記入するというかたちも増えつつあるようです(新郎が右、新婦が左になりますが、養子縁組の場合は逆になります)。
[ 目安 ] 地域によってかなりバラつきがあります。また贈る相手によっても金額は異なりますが、2~3品の品目に対して6300円相当の品物を贈ることが平均的な金額になります。
[ 贈る時期 ] 披露宴当日。
【結婚内祝い】用途・結婚内祝い [ のし上 ] 内祝 など(「寿」とする場合もあります)
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] 新郎様の苗字のみが一般的。その下にお二人のお名前を連名で入れる場合もあります。新郎新婦の名前のみを記入するというかたちも増えつつあるようです(新郎が右、新婦が左になりますが、養子縁組の場合は逆になります)。
[ 目安 ] お祝いの半額程度。
[ 贈る時期 ] 挙式後1ヶ月以内に。披露宴に出席していただけなかったのに「結婚祝」をくださった方に対して、「内祝」を贈ります。
【結婚祝い】
用途・結婚祝い
[ のし上 ] 御祝、寿など
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] 贈り主
[ 目安 ] 地域によって多少の差はありますが、一般的に披露宴に出席した場合は、身内の場合3万~10万円 、 知人・友人の場合3万円が相場と言われています。 また、披露宴に出席しない場合は、5000円~2万円前後でお祝いを贈ることが多いようです。
[ 贈る時期 ] 披露宴に出席しない場合は、挙式の1ヶ月前から1週間前ぐらいまでに届くのが理想的。間に合わない場合は、改めて後日に。披露宴に出席する場合は、挙式の1ヶ月前から1週間前ぐらいまで、もしくは当日受付にてお渡しします。
【婚礼引出物】
用途・婚礼引き出物
[ のし上 ] 寿 、御礼など
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] ご両家の姓が一般的。「~家」を付け足す場合もあります。 新郎新婦の名前のみを記入するというかたちも増えつつあるようです(新郎が右、新婦が左になりますが、養子縁組の場合は逆になります)。
[ 目安 ] 地域によってかなりバラつきがあります。また贈る相手によっても金額は異なりますが、2~3品の品目に対して6300円相当の品物を贈ることが平均的な金額になります。
[ 贈る時期 ] 披露宴当日。
【結婚内祝い】
用途・結婚内祝い
[ のし上 ] 内祝 など(「寿」とする場合もあります)
[ 水引 ] 結び切り
[ のし下 ] 新郎様の苗字のみが一般的。その下にお二人のお名前を連名で入れる場合もあります。新郎新婦の名前のみを記入するというかたちも増えつつあるようです(新郎が右、新婦が左になりますが、養子縁組の場合は逆になります)。
[ 目安 ] お祝いの半額程度。
[ 贈る時期 ] 挙式後1ヶ月以内に。披露宴に出席していただけなかったのに「結婚祝」をくださった方に対して、「内祝」を贈ります。
出産関係
【出産祝い】
用途・出産祝い
[ のし上 ] 御祝など
[ 水引 ] 蝶結び
[ のし下 ] 贈り主
[ 目安 ] 個人からなら3000円~1万円程度、身内や部署・グループでお金を出し合い連名にして贈る場合は1万円~2万円程度が目安。
[ 贈る時期 ] 赤ちゃんの生後7日後からお宮参りを行う生後1ヶ月までには、贈るようにしましょう。直接会って渡す場合は、退院する2~3週間後が目安。あとから出産を知ったなどの理由で1ヵ月を過ぎてしまうこともありますが、お祝いごとなので時期を過ぎて贈っても構いません。
【出産内祝い】
用途・出産内祝い
[ のし上 ] 内祝、出産内祝など
[ 水引 ] 蝶結び
[ のし下 ] お子様の名前だけのご記入が一般的です。名前のお披露目ということで、難しい読み方の場合や読み方が複数ある場合は、ふりがなを振ると親切です。苗字を入れる場合もあります。
[ 目安 ] 出産祝いの3分の1から半額の品物が目安。
[ 贈る時期 ] 赤ちゃんが産まれてから1ヶ月頃までの間にまとめてお返しを贈り、その後に頂いたお祝いに関してはその都度個別にお返しするのが一般的とされています。
【出産祝い】
用途・出産祝い
[ のし上 ] 御祝など
[ 水引 ] 蝶結び
[ のし下 ] 贈り主
[ 目安 ] 個人からなら3000円~1万円程度、身内や部署・グループでお金を出し合い連名にして贈る場合は1万円~2万円程度が目安。
[ 贈る時期 ] 赤ちゃんの生後7日後からお宮参りを行う生後1ヶ月までには、贈るようにしましょう。直接会って渡す場合は、退院する2~3週間後が目安。あとから出産を知ったなどの理由で1ヵ月を過ぎてしまうこともありますが、お祝いごとなので時期を過ぎて贈っても構いません。
【出産内祝い】
用途・出産内祝い
[ のし上 ] 内祝、出産内祝など
[ 水引 ] 蝶結び
[ のし下 ] お子様の名前だけのご記入が一般的です。名前のお披露目ということで、難しい読み方の場合や読み方が複数ある場合は、ふりがなを振ると親切です。苗字を入れる場合もあります。
[ 目安 ] 出産祝いの3分の1から半額の品物が目安。
[ 贈る時期 ] 赤ちゃんが産まれてから1ヶ月頃までの間にまとめてお返しを贈り、その後に頂いたお祝いに関してはその都度個別にお返しするのが一般的とされています。
仏事関係
【香典返し】
用途・香典返し
[ のし上 ] 志、忌明志、満中陰、粗供養など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] いただいた香典の3分の1から半額の品物が目安。
[ 贈る時期 ] 一般的に忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。
忌明けとは、仏式ではふつう四十九日ですが、繰り上げて三十五日とすることもあります。
【法事引き出物】
用途・法事引き出物
[ のし上 ] 志、粗供養など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] 金額は、2,000円~5,000円程度が一般的。
[ 贈る時期 ] 引き出物は会食が終了する直前に渡します。手渡しをする場合は、僧侶から関係性の濃い順に渡していきます。
【法事引き出物】
※四十九日の場合
用途・法事引き出物(四十九日の場合)
[ のし上 ] 満中陰志、忌明志など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] 金額は、2,000円~5,000円程度が一般的。
[ 贈る時期 ] 引き出物は会食が終了する直前に渡します。手渡しをする場合は、僧侶から関係性の濃い順に渡していきます。最近では場所を移して会食が行われることも多く、あらかじめ席にセットしておく場合もあります。
【香典返し】
用途・香典返し
[ のし上 ] 志、忌明志、満中陰、粗供養など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] いただいた香典の3分の1から半額の品物が目安。
[ 贈る時期 ] 一般的に忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。
忌明けとは、仏式ではふつう四十九日ですが、繰り上げて三十五日とすることもあります。
【法事引き出物】
用途・法事引き出物
[ のし上 ] 志、粗供養など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] 金額は、2,000円~5,000円程度が一般的。
[ 贈る時期 ] 引き出物は会食が終了する直前に渡します。手渡しをする場合は、僧侶から関係性の濃い順に渡していきます。
【法事引き出物】
※四十九日の場合
用途・法事引き出物(四十九日の場合)
[ のし上 ] 満中陰志、忌明志など
[ 水引 ] 黒白または双銀 結び切り
※関西地方や一部の西日本:黄白 結び切り
[ のし下 ] 喪家の姓
[ 目安 ] 金額は、2,000円~5,000円程度が一般的。
[ 贈る時期 ] 引き出物は会食が終了する直前に渡します。手渡しをする場合は、僧侶から関係性の濃い順に渡していきます。最近では場所を移して会食が行われることも多く、あらかじめ席にセットしておく場合もあります。

※こちらは代表的なものになります。地方により習慣、使い方、流派による違いがある場合がございますのでご注意ください。

水引の種類

水引とは、祝儀袋や不祝儀袋など進物用の包みを結びとめる飾り紐のことで、色や本数に意味があります。慶事には紅白、赤白、金銀を用い、弔事には白黒、双銀(銀のみ)、双白(白のみ)、黄白を用います。慶弔どちらでも本数が多い方が格式と金額が上とみられます。また吉の水引は、5本、7本、9本、凶の水引は、2本、4本、6本になります。さらにお祝い事によって結び目が違うことも忘れずに!

  • 紅白蝶結び

    【祝いのし】
    紅白蝶結び(行結び)…おめでたいことに
    一般祝事、お中元やお歳暮などは、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結び目がほどけ、結び直せるという意味合いから、蝶結びの水引を使用。紅白のほか、金赤、さらに特別な場合は「花結び」と呼ばれる金銀を使用することもあります。

  • 結び切り(10本)

    【祝いのし】
    結び切り(10本)…結婚のお祝いに
    固く結ばれ、ほどけないことから、主に婚礼関係の祝事に使用。水引の数が奇数ではなく偶数の10本なのは、“夫婦は二人で一つ”という意味で5本を二つに合わせたものを一組とするため。

  • 結び切り(5本・7本)

    【祝いのし】
    結び切り(5本・7本)…お見舞い・快気祝いに
    重ねて起きてほしくないとの思いを込めて、お見舞いや全快・快気祝いなどに用いられる。お見舞いの場合、“病気を延ばす”と受け取る人もいるためのしなしの場合も。

  • 藍銀水引

    【仏のし】
    仏・藍銀水引
    二度と繰り返したくないお悔やみ全般に対しては、水引は結び切りで一般的に黒白を使用。もともとおめでたい時の贈答品に用いられていた右上の熨斗も、もちろんつけません。
    なお、地域・宗教によって表書きに違いがありますので、先方の宗教に合わせるなど注意が必要です。

のしの掛け方
内のし

【内のし】
ギフトボックスや品物にのし紙を掛け、その上から包装紙でつつむ形式です。
贈り物を手渡しではなく宅配便等で直接送る場合は、のし紙が汚れたり破れたりしづらい内のしがおすすめです。

外のし

【外のし】
包装紙で品物を包んだあとに、のし紙を掛ける形式です。
手渡しでギフトを贈る際は、外のしを選ぶのが一般的です。 引き出物や内祝いの行事では、ホコリなどがついて汚れてしまわないように、内のしを選んでも構いません。

≪ワンポイントアドバイス≫

控えめに贈りたい場合は、品物に直接のし紙を掛け、その上から包装する“内のし”、 一方贈り物を強調したい時や持参して手渡す場合は、包装後にのし紙を掛ける“外のし”を使います。シーンに応じて使い分けましょう。

のしの書き方

のし紙の上段中央には表書きを記します。この際文字が水引や熨斗にかからないようにしましょう。
下段には表書きより少し小さく贈り主の名前を書き入れます。

贈り主の名前の表記は、一般的なお祝いなら苗字のみ、出産の内祝いなら子供の名前、連名の場合は右から地位や年齢順、地位や年齢が関係ない場合は右から五十音順で記入します。

  • のしの書き方・一般的なお祝い
    一般的なお祝い
  • のしの書き方・出産の内祝い
    出産の内祝い
  • のしの書き方・連名
    連名