これで完ペキ♪招待状のマナー【返信ハガキ編】

これで完ペキ♪招待状のマナー【返信ハガキ編】

出欠確認・メッセージ欄(裏面)

出席確認の他に食物アレルギーの記入欄や、必要であれば宿泊案内・送迎案内についての確認欄を設けるとよいでしょう。


<項目例>

出欠確認、ご住所、お名前、メッセージ、アレルギーの有無、宿泊案内、送迎案内

  

宛名(表面)

結婚式への出欠を確認する返信ハガキの宛名面には、受取人(新郎新婦様)の住所・名前を記載します。 返信ハガキの受取人は本状の文章・封筒の差出人と同一である必要はありません。
そのため確実に新郎新婦様の手元に届くことと、集計のしやすさを考えて記載しましょう。 返信用ハガキは新郎新婦様の元へ返ってくるものなので宛名の敬称は「様」ではなく「行」にします。

【別々で回収する場合】
新郎様の住所、新婦様の住所宛てのものを、2パターンを用意して送り分けます。

別々回収

【まとめて回収する場合】
新郎新婦様どちらかの住所または同じ住所(新居など)宛のものを、全てのゲスト様に送ります。

まとめて回収
縦書き
入籍済縦 入籍前縦
横書き
入籍済横 入籍前横

One Point!

連名で書く場合や新婦様の名前を入籍後の姓で書く場合は、新しい姓になじみがない方もいらっしゃる場合がありますので、旧姓を付け加えると良いでしょう。
ただし、封筒の差出人欄の方で記載をした場合は省いても問題ありません。