お二人のセンスが光る“プチギフト”の選び方

お二人のセンスが光る“プチギフト”の選び方

「Aちゃんの結婚式でどんなプチギフトをもらったか全く覚えてない…!」なんて思ったことありませんか?
あなたがそう感じているように、結婚式に何度も出席しているゲスト様にとってプチギフトはもらい慣れているものであり、印象に残っていないこともあるようです。
いかにゲスト様の記憶に残るプチギフトを用意するかは新郎新婦様のセンスの見せどころでもあります。

予算の次に考えるべきこととは

プチギフトを決める際、まず予算を決定しその次にデザインや新郎新婦様の贈りたいものを中心に検討していく流れになると思います。
しかし、その前にまず頭に入れておかなければいけないことがあります。それは“ゲスト様にとって、もらって嬉しいものであるのか”ということです。
“これを贈りたい”という強いこだわりにとらわれてしまうと、ゲスト様が受け取ったときに残念な印象を与えてしまったり、使い道に困ってしまうこともあるでしょう。
自分がゲスト様の立場になって考えてみたり、周りの意見などを参考にすることも大切な心づかいです。

失敗しない“食べてなくなるもの・使ってなくなるもの”

プチギフト選びで新郎新婦様が最も重視している点、重視したいと思っている点は“食べてなくなるもの・使ってなくなるもの”という結果がでています。
例えば、新郎新婦様の写真入りグッズや好みが合わない日用品などは、捨てるに捨てられず困ってしまう…というゲスト様の声もあります。
それに比べ、食品入浴剤などは後に残らないため老若男女を問わず喜んでもらえるという理由で、あえてカタチに残さないものをチョイスすることを意識しているようです。

プチギフトにも“おもてなし” を

■季節・気候
時間をかけてお越し下さるゲスト様のために季節や気候に合ったプチギフトを用意してゲスト様におもてなしをしましょう。

暑い日…タオルハンカチ・あぶらとり紙・扇子・汗ふきシート など
寒い日…入浴剤・マスク・エコカイロ・ など

■性別・世代
若い方・年配の方、女性・男性とではどうしても好みやもらって嬉しいものが異なってきます。
老若男女問わないものをチョイスするか、ゲスト様の性別・世代に合ったプチギフトを何パターンか用意するなどの工夫があるとゲスト様の喜びが増すかもしれません。

■故郷の郷土品・名産品
新郎新婦様が地方出身の場合には、その地方の郷土品・名産品などがオススメです。
独特な素材を使ったものや、地元の名産品をプチギフトにしてゲスト様の印象に残るものをお渡ししましょう。

遊び心も必要!“オモシロ”&“ユニーク”

■ウコン
「今日はたくさん飲んで盛り上がろう♪」という日に必需品の“ウコン”。
ゲスト様の健康も気遣った、ちょっと気の利いたプチギフトならゲスト様にとって嬉しいでしょう。(※例1)

■おみくじ付プチギフト
おみくじ付プチギフトは食べる楽しさに加えて2度楽しめるというユニークなプチギフトです。おみくじに書かれた結果でゲスト様同士の会話が盛り上がるでしょう。(※例2)
おめでたい席で配るプチギフトなので「凶」は入れないという配慮がされているプチギフトがほとんどです。

■圧縮タオル
一見、おいしそうなプチギフトに見えますが水につけると圧縮されていたタオルが広がり、フェイスタオルに早変わり!
圧縮タオルはゲスト様をワクワクさせるユニークさと、日常的にも使える実用的さが備わった人気アイテムのひとつです。(※例3)
  • ※例1

  • ※例2

  • ※例3

食品系は“日持ち”“型崩れ”に注意!

■賞味期限は1週間以上あるものを
最低でも1週間程度は日持ちするお菓子がいいでしょう。
日持ちがあまりにも短いとゲスト様が食べる機会を逃してしまいます。

■夏は溶けやすいものは避けて
夏挙式の場合チョコレートは溶けやすく渡した時点で見栄えが悪くなっていることもあるので
暑い時期は避けた方がよいでしょう。

ゲストのホンネ

【嬉しかったプチギフト】
クッキーをもらったときはすぐに食べられてうれしかった。
・プチギフトにカードなど付いていると心がこもっていてうれしい。
・オシャレなラッピングに包まれたお菓子。
・エコを意識した携帯用箸は普段遣いできるし持ち運べるし便利。
・冬の結婚式であったかいホッカイロはうれしかった。
入浴剤がとてもいい香りでリラックスできた。

【残念だったプチギフト】
・香りが強烈なアロマグッズ。匂いが好みじゃなかった。
・ふたりの似顔絵や写真入りアイテムは捨てるにも捨てれず残っている。
・本人は好きかもしれないけど、キャラクターものは微妙。
・ふたりの名前の彫ってある飾りものは使えない。
・明らかに新婦の意見を重視したようなアイテムで男には使いづらかった。
・見栄えだけを重視している感じであんまりおいしくなかった。